Exhibition

特別展・企画展

港区文化財保護条例施行40周年記念・港区立郷土歴史館開館記念特別展 港区指定文化財展-悠久の旅人-

2018(平成30)年11月1日(木)〜2019(平成31)年1月27日(日)

チラシをダウンロード
(1.4MB)PDFアイコン

港区文化財保護条例は、平成30年に施行40周年を迎えます。昭和54(1979)年度に明治学院記念館ほか4件の文化財が港区指定文化財に指定されて以来、平成30年4月現在、131件が区民の宝として指定されています。これまで港郷土資料館において10年ごとに、その間指定された文化財の紹介を行う特別展「悠久の旅人」を開催してきました。郷土歴史館が開館し最初の年となる本年は、平成21年度からの10年間に新たに指定された文化財を中心に、これまでの40年間に保存修理を行った文化財など、港区内の豊かな宝の数々をご紹介いたします。なお、平成30年は、明治維新150年の節目の年でもあるため、同時開催として関連する文化財・館蔵資料を展示いたします。

開催概要

開催日

第Ⅰ期 2018 年11 月1 日(木)~ 11 月25 日(日)
第Ⅱ期 2018 年12 月1 日(土)~ 12 月24 日(月・祝)
第Ⅲ期 2019 年1 月5日(土)~ 1 月27 日(日)
※会期ごとに展示品を入れ替えます。

■ 休館日:第3木曜日 11月15日、12月20日、1月17日
     年末年始  12月29日(土)~1 月3 日(木)

■ 展示替のための特別展示室休室:11月26日(月)~30日(金)、12月25日(火)~28日(金)、1月4日(金)

開館時間

午前9 時~午後5 時(土曜日のみ午前9 時~午後8 時)

※常設展示室および特別展示室の入館受付は閉館の30分前まで。※ 11月3日(土・祝)は午後8時まで開館。

会場

港区立郷土歴史館 特別展示室

特別展観覧料

大人400円(320円)小・中・高校生200円(160円)

※常設展と同時に購入する場合、常設展と特別展とのセット料金は大人600円(480円)、 小・中・高校生200円(160円)となります。※( )内は10名以上の団体料金です。 ※区内在住・在学の小・中・高校生、区内在住の65歳以上の方、区内在住の障害者とその介助者(1名)の観覧料は無料となります(証明ができるものをご持参ください)。 ※11月3日(土・祝)は区民無料公開日です。区内在住の方は、証明ができるものをご持参ください。

プレゼント

本特別展のⅠ〜Ⅲ期全てにご来場の方へ限定グッズをプレゼントいたします。

展示内容

第Ⅰ期 11月1日(木)~11月25日(日)

img01

▲ 絹本着色観智国師肖像
天光院所蔵 平成25年度指定

〈観智国師と増上寺〉
家康入府からの親交により、徳川家の菩堤所として増上寺を発展させた十二世源誉存応(観智国師)関連の文化財を公開いたします。
〈区内の中世文書〉
中世期の貴重な文書である区内現存最古の文書などを展示いたします。
〈忠臣蔵と泉岳寺〉
〈信仰の絵画〉
この10年に指定された絵画作品と、作画技法が特徴的な作品をご紹介いたします。

第Ⅱ期 12月1日(土)~12月24日(月・祝)

▲後久洋家具店製作家具図面
港区教育委員会所蔵 平成24年度指定

〈館蔵の指定文化財〉
〈明治学院の文化財〉
〈赤坂氷川神社の文化財〉

平成28年度に保存修理を行った奉納絵馬を中心に、赤坂氷川神社所蔵の指定文化財をご紹介いたします。
〈天真寺と不昧〉
没後200年となる松平不昧と深い親交のあった天真寺が所蔵する文化財を中心に展示いたします。

第Ⅲ期 1月5日(土)~1月27日(日)

img01

▲狩野一信関連資料〈逸見家伝来〉より
「和漢阿蘭陀美術写集」(部分)増上寺所蔵 平成28年度指定

〈狩野一信関連資料〉
幕末期の狩野派絵師・狩野(逸見)一信の作品制作の過程などを知る貴重な資料群です。
〈無形文化財〉
この10年間に認定された無形文化財をご紹介いたします。
〈瑞聖寺と東禅寺の文化財〉

同時開催 館蔵資料にみる 港区の明治維新 11月1日(木)~1月27日(日)

▲ 勝海舟書画巻(部分)
港区教育委員会所蔵 平成19年度指定

港区指定文化財を中心に、明治維新に関連した館蔵資料をご紹介いたします。

関連イベント

期間中、担当学芸員による展示解説会を行います。また、3回にわたり郷土歴史館講座を開催いたします。

展示解説会

  • 11月4日(日)・12月2日(日)・1月6日(日)
  • 午後2時から(1時間程度)

事前申込不要(観覧料が必要です)

郷土歴史館講座

  • 時間:各回 午後1時30分~午後3時(受付開始:午後1時)
  • 場所:港区立郷土歴史館 4階講座室
  • 定員:各回40名(先着順) ・受講料:無料
  • 申込方法:10月21日(日)から電話にて受付

      港区立郷土歴史館 ☎︎ 03-6450-2107
      ※午前9時〜午後5時(土曜日のみ午前9時〜午後8時)受付
※一時保育が必要な方は、受講希望日の1週間前までにお問い合わせください。

講座終了後に展示解説会を行います(別途、観覧料が必要です)。


第1回
  • 「文化財建造物の保存と活用」
  • 11月10日(土)
  • 講師:長尾 充氏(東京藝術大学大学院教授)

第2回
  • 「幕末の港区と外国人」
  • 12月15日(土)
  • 講師:𠮷﨑 雅規氏(横浜開港資料館学芸員)

第3回
  • 「港区指定文化財40年−記憶すべき文化財をめぐって−」
  • 1月19日(土)
  • 講師:河合 正朝氏
    (慶應義塾大学名誉教授 港区文化財保護審議会委員)

一覧に戻る