Special Exhibition

特別展・企画展

港区立郷土歴史館令和5年度企画展
「歴史館コレクション -新収蔵資料展-」

令和5(2023)年4月22日(土)~6月25日(日)

港区立郷土歴史館では、港区の歴史・文化・社会全般に関連する資料を収集しています。収集資料のうち、大きな割合を占めるのが、港区内外の方からご寄贈いただくものです。現在に至るまで、港区域で生活していた人が使用したものや家に伝わる文書をはじめ、さまざまな資料をご寄贈いただいています。
それらは全て港区を物語る資料であり、郷土の文化財として後世に伝え、活用するため、整理・調査研究を進め、一部を展示などで公開しています。しかし、その中には、受け入れからまだ日が浅く、整理などを進めていた資料や、展示の都合などにより、なかなかお披露目できていない資料も多くあります。
本展では、平成28年度から令和3年度までの6年間に受け入れた寄贈資料のうち、民具や文献資料など、未公開の資料を中心にご紹介します。

開催概要

開催日

令和5(2023)年4月22日(土)~6月25日(日)

■会期中休館日 5月18日(木)・6月15日(木)

会場

特別展示室

開館時間

午前9時~午後5時(土曜日のみ午後8時まで)
※入館受付は閉館の30分前まで。

観覧料

大人 小・中・高校生
一般 団体 一般 団体
企画展のみ 200円 160円 100円 80円
常設展のみ 300円 240円 100円 80円
セット券 400円 320円 100円 80円

※団体料金は10名以上で適用となります。
※港区在住・在学の小・中・高校生、港区在住の65歳以上の方、港区在住の障害者とその介助者(1名)の観覧料は無料(証明ができるものをご持参ください)
※5月5日(金・祝)は港区民無料公開日(港区在住の証明ができるものをご持参ください)

一覧に戻る