Exhibition

特別展・企画展

港区立郷土歴史館企画展
「港区浮世絵さんぽ」

令和3(2021)年7月31日(土)~9月12日(日)

チラシをダウンロード
(2.1MB)PDFアイコン

港区は、国内外から多くの人が訪れる観光スポット、オフィスビルがひしめくビジネス街、大使館が集まる国際的なまちなみなど、多様な顔を持つまちとして、日々発展を続けています。さかのぼれば江戸時代から、港区域には多くの名所が存在しました。庶民の娯楽であった浮世絵にはたくさんの場所が描かれ、明治、大正、昭和になっても、版画の主題として親しまれ続けています。本展は、港区域の数々の名所を、描かれた作品を見ながらめぐることができるような展示構成になっています。描かれた場所は現在も訪れることができますので、展示室で浮世絵さんぽを楽しんだあとは、ぜひ実際のまちへ出かけてみてください。

※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、混雑時は入場制限を行う場合があります。
 また、今後の状況により会期等が変更となる場合があります。

開催概要

開催日

令和3(2021)年7月31日(土)~9月12日(日)
■会期中休館日 8月19日(木)

会場

特別展示室

開館時間

午前9時~午後5時(土曜日のみ午後8時まで)
※入館受付は閉館の30分前まで。

観覧料

大人 小・中・高校生
一般 団体 一般 団体
企画展のみ 200円 160円 100円 80円
常設展のみ 300円 240円 100円 80円
セット券 400円 320円 100円 80円

※ 団体料金は10名以上で適用
※ 区内在住・在学の小・中・高校生、区内在住の65歳以上の方、区内在住の障害者の方およびその介助者(1名)の観覧料は無料(証明ができるものをご持参ください)
※8月11日(水)は港区民無料公開日(港区内在住の証明ができるものをご持参ください)

関連プログラム

[夏休み学習会]浮世絵を楽しもう! おもちゃ絵の世界へようこそ

梅蝶「小児教育動物画」
梅蝶「小児教育動物画」

遊んで、学んで、くすっと笑えるような知恵と工夫がこらされた浮世絵は「おもちゃ絵」と呼ばれ、現代の私たちをも楽しませてくれます。当館所蔵の「おもちゃ絵」を題材に、当時の遊びと学びを体験しましょう。

  • 日時:① 8月7日(土) ② 8月22日(日) 午前10時~11時
  • 講師:当館学芸員
  • 対象:小学3~6年生
  • 定員:各回8名(保護者同伴可)
  • 参加費:無料
  • 申込方法:下記期間にお申込みください。
    ① 7月12日(月)~7月18日(日)
    ② 7月26日(月)~8月1日(日)
    ※申込多数の場合は抽選とさせていただきます。
    ※詳しい申込方法はこちらからご確認ください。

[ギャラリー展]浮世絵ができるまで

浮世絵が仕上がるまでの工程を、道具類や版木、多色刷りの様子がわかる摺りあがりの作品などと合わせて、わかりやすく紹介します。[観覧無料]

  • 日時:7月31日(土)~9月12日(日)
  • 会場:4階ギャラリー

[夏のものづくりテーブル]ぬり絵で楽しむ浮世絵

当館所蔵の浮世絵を下絵にした「ぬり絵」を体験できるコーナーを無料開設いたします。

  • 日時:7月31日(土)~9月12日(日)
  • 会場:4階休憩室
  • 参加費:無料

ホームページからもダウンロードしてお楽しみいただけます。
※ダウンロードは上記期間内のみ可能です。

一覧に戻る